子供たちの言葉は、生まれてから脳や体の成長とともに発達していきます。

乳児初期
呼吸に混ざって「きゅ、きゅ」というような発声をします。

3カ月ごろ~
「あ、あ」というような声を出します。手を上下に動かす運動と一緒に声を出します(タイムラグはある)。
これは、発声をコントロールしている脳の部分と、手をコントロールしている脳の運動野の部分が隣接していることから一方の興奮がほかにもれて伝わる、と考えられています。
言葉の意味は理解できませんが大人の語りかける言葉は聴いています。

6カ月ごろ~
手の運動と発声が独立していきます。発声も「あうあう」「ばあばあ」のように母音と子音を伴った音になります。これらは意味をもたない「ク―イング」と言います。

8~9カ月ごろ
「まんま」「ぱーぱ」「にゃんにゃん」など意味を持つ重ね言葉が出るようになります。(発声は個人差も大きいので、早い・遅い・多い・少ないはあまり神経質にならない方がよいでしょう)
喃語に強弱や高低をつけたり大人が話した言葉を模倣し始めます。簡単な言葉の意味も理解するようになります。

1歳すぎごろ
このころから立ち上がります。
立ち上がることで、鼻の周りにある上顎骨が上がり、下あご部分の下顎骨が下がって下を動かす空間が大きくなります。
また、離乳食を食べることで下も発達し、自由に動かせるようになります。声帯の位置も下がり、振動させてはっきりとした発音が出来るようになってゆきます。

今までは、ミルクを飲み呼吸をするという生命維持のための器官が発声に適した構造をもつ器官に変わります。

1歳半ごろ
大人と同じような発声器官をもつようになった子供は、1歳半位から「わんわん いた」「これ なに」のような2語文3語文を話し始めます。お腹の中にいた時からこれまでの間にストックしていた音声素材を一気に話すようになります。1週間に40語ほど獲得してゆくので「語彙ばくはつ」ともいわれます。

2歳ごろ